×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に人気の転職先のアパレル業界情報

女性の転職人気企業

転職の人気企業ランキングでは、男性、女性共に「ソニー」が常にランキング上位に出てくる企業の1つです。

 

転職者に人気のソニーは、東京都港区に本社を構える大手電気メーカー企業で、東証一部に上場され、従業員数が全国で10万人以上います。

 

ただ最近は不況からリストラで減っていることでしょう。

 

女性だけに絞ると転職者に人気のある企業としては、資生堂やルイ・ヴィトン・ジャパン、オンワード樫山などアパレル業界がランキング上位にあります。

 

医療関係の資格があれば、薬剤師や看護師としての転職先を探すことができます。

 

多くの転職を望む女性としては、趣味と実益を叶えながら、しかも自分のスキルをアップさせられる会社に人気が集中しています。

 

女性というのはファッションや流行に対して敏感な人が多いので、女性の転職先として、デザイナーや販売アドバイザーなどのアパレル関係の仕事を求めている人が増えるのも当然の流れでしょう。

アパレル業界に転職するには

転職先をアパレル関係やデザイナーの場合、面接時の服装が心配になります。

 

通常の面接であれば、新卒者であろうと転職者であろうとスーツというのが基本となります。

 

ただ、デザイナーやパタンナーなどのアパレル関係の面接では、私服OKという企業があります。

 

転職先をブランド会社を希望する場合、面接の時そのブランド会社が取扱う服を着ていったことにより良い印象をもたれたというケースがでてきます。

 

たしかにアパレル業界では、従業員募集での面接時にファッションセンスのチェックを行なっている会社もあります。

 

一概に転職希望の会社のブランドを身につけていけばいいということではありませんから、基本的にはスーツというのが面接を受ける際には無難です。

 

ワンポイントとしてさりげなく転職を希望する企業のブランドを身に着けてみたり、類似デザインものなどが自然でいいかもしれません。

 

パタンナー不足のアパレル業界では、パタンナーが転職をする際には、他の職種よりも転職先が楽に見つかる可能性が高いようです。

アパレル業界転職に有利な時期や資格

女性の転職先としてアパレル関係選んだとき、実際にアパレル業界に勤めている人の話を聞くと、決して華やいだ部分だけではありません。

 

こうした影の部分も転職先にアパレル業界を希望しているのなら知っておく必要があります。

 

実際、転職が決まってから残業が多く、しかも予想以上に給料が低かったりして、ガッカリしている人が少なくありません。

 

よほどの大手企業でない限り繊維業界に転職すると、残業は当然、で、休日が月に1度というのもザラにあるということを頭にいれておきましょう。

 

シーズンの変わり目がアパレル業界に転職するのに適した時期として、狙い目です。

 

シーズンの終わりにバーゲンセールを行なうことが多いアパレル業界は、この時期はどうしても人手不足になりがちです。

 

転職の時期を見計らい、スムーズに決める秘訣かもしれません。

 

アパレル業界を選んだとき、有利といわれる資格には、「カラーコーディネーター検定」や「ファッション販売能力検定」、「パターンメーキング技術検定」などがあります。

 

他にも「ファッションコーディネート色彩能力検定」や「きものコンサルタント」、「シューフィッター」などの資格が挙げられます。

 

 

就職・転職活動をどのようにすれば良いがわからない。

 

面接を受けても内定がもらえない。

 

面接の時には緊張してしまい上手く話すことができない、

 

もしこうした就職や転職にお悩みがあるのなら、人事の専門家のアドバイスを受けるのが一番ですね。

 

どうしたら自分に興味を持ってもらえるのか、その答えをしりたくありませんか?

 

その面接突破術とはコチラから>>

★☆・‥…――━━━━━━――…‥・・・‥…――━━━━━━――…‥・☆★

Yahoo!JAPAN就職活動日記福岡市アルバイトダンサー職業転職支援転職・面接
日払いバイト住み込み仕事 就職 東京・大阪医療事務アルバイト